医師のアニワル・トフティさんのお話、ウイグル、東トルキスタンの現状のお話を聞きます

医師のアニワル・トフティさんのお話

ウイグル人に知らされずに行なわれた新疆ウイグル自治区・東トルキスタン共和国で核実験が46回も行なわれた

1964年に初めてウイグルで核実験が行なわれ

中国共産党政府は、核実験の成功は宣伝したが、地元の被害は抹殺した状態です

21世紀になってからウルムチのがん医療病院の数が急激に増えている

核実験が行なわれいるのは、ロプノールという場所で行なわれている

約19万人の人が核実験でなくなり、放射能被爆で亡くなったのが100万人以上と言われている

中国政府は放射能調査をしているが、理由は「放射能」の被害という名目・人体実験という名目で行なわれている

現在、このやり方を真似ているのが、北朝鮮という国です

中国共産党は、東トルキスタンのことを植民地としか思ってない